POSシステム

POSシステムとは、「Point of Sale」の略で、物品の販売や在庫管理などを行うためのシステムです。

たとえば販売の時には、商品につけられたバーコードを、バーコードリーダーで読み取ります。

すると、瞬時にその商品の価格情報を得ることができ、商品を速やかに販売することができます。

また、POSシステムを経由して物品を販売することで、商品が売れた数をカウントし、店舗内の在庫データなどを管理するようになっており、最新システムでは、在庫が無くなると自動発注するようなシステムまで登場しています。

このシステムの採用により、店舗では多くの労力や人件費を削減することに成功しているのです。

レジにて顧客データなどを打ち込むことで、商品を購入した人の年齢層や性別を調べるなどのマーケティングに活用することも可能です。

POSシステムは、専用回線を通じてクラウドサーバと通信することでそのシステムを実現しています。

たとえば、商品を販売する時には、取り付けられたバーコードを読み取り、その情報を速やかにクラウドへと送信します。

クラウドでは、バーコード番号と一致する商品の価格情報をレジなどの端末に送り返すことで、レジではすぐに価格がわかるという仕組みです。

また、クラウドにはあらかじめ、商品の在庫数を登録してあります。

商品を販売する度に、レジからクラウドへ「販売した」という情報を送信するので、それをカウントすることでどれだけ売れたかが管理できます。

商品が売れた数と在庫の数を照合すれば、補充すべきかどうかの判断材料となります。

 

この便利なPOSシステムを複数の拠点へ設置して、インターネットVPNを構築して本部で一括管理する方法にはここで何度も触れてきているおなじみの固定IPとかVPNなどがとても低料金で実現できる方法ということがわかってきましたね。

UTMとは?

UTMとは?

聞いたことありますか?セキュリティールーターなら聞き覚えがあるかもしれませんね。

でも、インターネットに繋がることで危険にもさらされることになるかもしれない、リスクについては気にしていない方はいらっしゃらないでしょう。

そこで、想定される危険から身を守ること、まとめて<統合脅威管理>と呼び。

Unified Threat Managementを略してUTMです。

組織のネットワークを脅かす様々なリスクに対し、個別に機器を導入し管理をするのではなく、集約により効率的な運用を目指しています。

従来からある組織外部からのウィルスや、常に進化している各種の攻撃から防御するだけではありません。

組織内部向けに、情報漏えいや有害サイトへのアクセス対策などを含む場合もあります。

機器により異なりますが、だいたい以下の機能がUTMには含まれています。

●ファイアウォール

●アンチウィルス

●アンチスパム(迷惑メールを排除)

●IPS(不正侵入防御システム)、IDS(不正侵入検知システム)

●Webフィルタリング(URLフィルタリング)

●アプリケーション制御(業務などに関係ないものの使用を制限)

●URLフィルタリング(業務などに関係しないサイトへのアクセス制限)

●クラウド型サンドボックス(安全を確認するための仮想領域)

 

脅威は業界によって異なる場合が考えられます。

上記はほんの一例です。これで充分と感じる方もいらっしゃるでしょう。

一度、導入を検討するのも良いかもしれませんね。