NASについて調べてみた、その3。

NAS のメリット
LAN につながっている、デバイス間で、ファイルを共有できる。
LAN で、接続されている、複数のデバイス同士でアクセスできるので、LAN内でのファイルの共有が、可能となります。
共有をしている、ファイルに対する、アクセス権限を、細かく細かく設定が可能であるために、法人・企業等で、利用する際には部署ごとや、社員毎に、ファイルへ対するアクセスを「閲覧のみ」や「編集も許可」などにするなど、用途に合わせ細かく、指定することが可能です。


大切なファイルを、安全にバックアップする。
「NAS」は、RAID (複数のHDDを、1つのドライブのように認識する機能)に、よってデータ等を、保存することに、特化しているデバイスなので大切な、ファイルのバックアップするのにとても最適です。
スマホのデータ置き場にする。
フォトデータや動画など、スマホを利用すればするほどに、デバイスの中のデータ量は、増えていくばかりです。
スマホの記憶容量は、一定の限度がありますので、Wi-Fiで接続した「NAS」へ、データを保存するとすれば、スマホの中の記憶容量を、効率良く利用することができます。
ファイルサーバーよりも低消費電力である。
パソコンでも、ハードディスクの中の共有設定を、すると「NAS」のように使うことができます。
でも、「NAS」は、はじめからファイルサーバーとして、利用することを目的として、設計されていますので、ほとんどの機種は、パソコンよりも低消費電力です。
データ保存のスペースを有効活用する。
個々の、パソコンに付いているハードディスクの、空いているスペースは、使うそれぞれの人が、いろいろな使い方をしているかによって、それぞれです。
多量のデータを、保存している人の、ハードディスクスペースが不足する一方で、あまりデータを、保存していない人の、ハードディスクスペースが余ってしまうというのは、効率が良くありません。
しかし、「NAS」であれば、それぞれの人が、必要に応じ、スペースを有効利用できるので、便利な活用ができます。
フリーアドレスオフィスを実現する。
それぞれの社員が、ノートパソコンを好きな席に置いて、「NAS」にアクセスをし、業務上必要であるファイルを編集すると、固定した、特定の席を設けない、今どきのフリーアドレスオフィスが実現します。
情報漏洩に対する強固なセキュリティが可能。
「NAS」の中でも、業務用のモデルを中心として、そこへ保存するファイルは大切なものであり、漏洩しては絶対にいけないものであるという前提で、設計がされています。
超高度な、アクセス権限の設定機能で、「NAS」へのアクセスを、交通の整理をして、不正なアクセスや、情報漏洩のリスクを軽減することできます。
更に、製品によっては、ハードディスク内を暗号化して、保存するものがあって、「NAS」そのものが、物理的に持ち去られることがあったとしても、内部のデータは、漏洩することがありません。

NASについて調べてみた、その2。

メリットとデメリットを少し。
「NAS」のメリット
「NAS」は、ファイルの保存や共有するのに、特化しているので、処理が軽く済みますし、また勝手にファイルを編集される事が少ないので安心です。
無駄な機能などは、付けないで、なるべく処理を軽くしたいなぁ、というときにはメリットがありますね。
「NAS」のデメリット
「NAS」のデメリットは、ファイルサーバー等と比べると、機能面に、制限があることですね。
「NAS」の中には、OSを入れたり、ソフトを入れたりするものも、ありますが、ファイルサーバーのようには、豊富な機能拡張が少なくて、難しい場合がありますね。

NASをまだまだ、掘ります。
外付けハードディスクは、PCと、1対1で、接続をして利用しますけれど、「NAS」は、LANのネットワークに接続して、そのネットワークに、参加している各デバイスからの、アクセスが可能であるのが大きな特徴になります。
家庭内での利用や、オフィスの中にある、複数台のPCやスマートホンなどと、LANを経由して「NAS」に、接続をして、ファイル等のバックアップをしたり、共有をするために、多く利用されます。
「NAS」は、ネットワークへ、接続をして利用する、外付けハードディスクのようなものです。
そのため、ファイルを保存したり、共有したりするのが主な、機能となります。
法人や企業などでは、一般的に、ファイルサーバーとして利用されることが多い「NAS」ですが、一般家庭用の、「NAS」には、多機能なものが多くあり、多くの製品が、以下にあげるような、機能を持ちあわせています。
●デジタルカメラの写真の保存や管理
●ハードディスクレコーダー
●音楽サーバー
その他にも、ファイルサーバーとしても、家庭の中へ設置をして、「Wi-Fi」接続にて「NAS」の中に保存されている動画等を、スマートホンや、タブレットで、再生するといった、利用するシーンが考えられます。

NASについて調べてみた、その1。

「NAS」はネットワーク・アタッチド・ストレージ(Network Attached Storage)の略です。
その他には、ネットワークHDD、ネットワークハードディスクなどとも、呼ばれています。
パソコンを使用しているときに、外付けハードディスクを、取り付けている方は多く、一般的とは思いますが、「NAS」は、ハードディスクが、ネットワークに接続されているようなイメージです。
ハードディスクを、LANケーブルなどで、パソコンに接続するのではなくて、ネットワーク経由にて、複数台のPCから、接続できるという意味では、「NAS」は、広い意味での、ファイルサーバーの一つと言えます。
「NAS」は、ファイル等を、ハードディスクへ保存して、そこへ、ネットワークから、アクセスをして共有するという機能に、特化しています。
ファイルサーバーには、サーバー用のOSや、Office等を、はじめとするドキュメント編集ソフトなどを、インストールできます。
コンピュータとは異って、ファイルを直接に編集できるものが多い事が特徴です。
一方、「NAS」には、最低限OSや、ソフトまたはアプリが、インストールされています。
しかし、ドキュメントの編集ソフトなどは、含まれません。
よって、サーバーのハードウェアや、ソフトウェアが、ひとつにまとまっていて、機能を抑えて、ファイルを置くことに、特化しているファイルサーバーが「NAS」と言えます。
「NAS」は、上述の通りにファイル保存や共有に、特化したファイルサーバーと言えるため、「NAS」上で、そのまま、ファイル編集をできないものが多いです。
一度、ローカル環境へ、ファイルを落として、編集をしてから、再度アップをするイメージですね。

モバイルについて調べてみた、その2。

本来は、「移動できる」という意味の英単語です。
英単語の、「mobile」は形容詞であって、基本、名詞を形容するかたちで用いられますが、日本語ですと、「IT用語」として、一部名詞的に、用いられています。
「IT用語」としての、「モバイル」とは、携帯電話や、PHSや、スマートフォンや、タブレットPC、そして、小型でかつ軽量なノートパソコン、PDAなどを外出先へ、持ち運び、使用可能とする、小型情報端末のことです。
また、そういった機器を、使用するための通信システム全体のことを指します。


最近は、これらの機器・機種を使っての、インターネットを利用すること全般を指して、使われる場合が多いです。
単純に、「モバイル」とはいっても、その用語自体が示す、範囲については、上記のように、とても広く曖昧でもあります。
更に、移動体端末、そして無線通信技術全体の進化・革新と、移動体端末向けのサービスが爆発的に増加した影響で、モバイル端末、モバイルの機器、モバイルインターネットや、モバイルコンテンツ、モバイルコンピューティングなどのようにモバイルに、関連する用語は増加の一途を辿っている。
尚、従来の、「移動できる」という意味からも、モバイル端末を駆使しての、外出先で、会社との連携を取りながら、働く事を、「モバイルコンピューティング」とか「モバイルオフィス」といって、お手軽に、持ち運びが可能となる小型のプロジェクターのことを「モバイルプロジェクタ」と呼ぶなど、端末とか、サービスだけではなくて、移動可能である事を示す、「言葉」として用いられることが多いです。
現在、これほどまでにも、モバイルの関連したビジネスが、発展する背景には、モバイル端末の進化と性能の向上だけではなくて、インターネットを中心としている、無線通信網の想像を超える、飛躍的な技術の向上も関わっています。
これまでの、携帯電話は、電話機能と電子メールが、主だった機能であって、「iモード」などの、インターネットサービスも、とても機能が限られたものでありました。
がしかし、最近では、スマートフォンはもちろんのこと、携帯電話ですら、フルブラウザを使ってのインターネット使用出来るものは珍しくありません。
ほかに、「iPad」を、はじめとする、タブレットパソコンも登場して、無線通信における、通信速度も、飛躍的に向上しました。
更に、町中では、公衆無線LANを、使える「アクセスポイント」の数が、急激に増加しています。
このように、モバイルを取り巻く環境の変化に伴って、モバイル関連のビジネスは、いっきに発展を遂げられたのであります。

モバイルについて調べてみた、その1。

単語的には、可動性のとか、自由に動くといった意味だが、インターネットの用語として扱うとすると、移動先でのコンピュータ利用のことを指します。
モバイル端末というと、移動の際の持ち運び専用で、かつ通信が可能なパソコンや、小型携帯端末などをさします。

そのようなコンピュータの、利用方法を、モバイルコンピューティングといいます。
モバイル専用のOS、<WindowsCE>や、<PalmOS>らと同時にモバイル専用のCPUも開発が進んで、デスクトップパソコンと、同等の機能が、外出先で利用できるようになってきています。

モバイルとは、そもそも、自由に動くという意味を、表す英単語で、特に携帯電話や、スマートフォン、さらに小型のノートパソコンなど、外出先への持ち歩きが容易、かつ通信環境が整っている端末のことを指します。携帯電話やスマートフォンはもともと、通信環境を備えていて、ノートPCに関しては、データ通信機器等を接続したり、公衆無線LAN環境、Wi-Fiに接続したりすることで、通信環境を、手に入れられます。

全てのノートPCが、モバイルではなくて、持ち運ぶことを前提で、作られたものが、モバイルノートPCであるといえます。モバイルノートPCの条件としては、軽いこと、バッテリーの持ちが長いこと、衝撃に対し、頑丈であることなどがあげられます。

モバイルによって、外出先でも電子メールやインターネットを利用できて、航空券や鉄道等のチケットを、予約できたり、交通情報、そして気象情報、更にグルメ情報、アルバイト情報までも、外出先でも、必要な情報に対してアクセスすることが可能になります。