モバイルについて調べてみた、その2。

本来は、「移動できる」という意味の英単語です。
英単語の、「mobile」は形容詞であって、基本、名詞を形容するかたちで用いられますが、日本語ですと、「IT用語」として、一部名詞的に、用いられています。
「IT用語」としての、「モバイル」とは、携帯電話や、PHSや、スマートフォンや、タブレットPC、そして、小型でかつ軽量なノートパソコン、PDAなどを外出先へ、持ち運び、使用可能とする、小型情報端末のことです。
また、そういった機器を、使用するための通信システム全体のことを指します。


最近は、これらの機器・機種を使っての、インターネットを利用すること全般を指して、使われる場合が多いです。
単純に、「モバイル」とはいっても、その用語自体が示す、範囲については、上記のように、とても広く曖昧でもあります。
更に、移動体端末、そして無線通信技術全体の進化・革新と、移動体端末向けのサービスが爆発的に増加した影響で、モバイル端末、モバイルの機器、モバイルインターネットや、モバイルコンテンツ、モバイルコンピューティングなどのようにモバイルに、関連する用語は増加の一途を辿っている。
尚、従来の、「移動できる」という意味からも、モバイル端末を駆使しての、外出先で、会社との連携を取りながら、働く事を、「モバイルコンピューティング」とか「モバイルオフィス」といって、お手軽に、持ち運びが可能となる小型のプロジェクターのことを「モバイルプロジェクタ」と呼ぶなど、端末とか、サービスだけではなくて、移動可能である事を示す、「言葉」として用いられることが多いです。
現在、これほどまでにも、モバイルの関連したビジネスが、発展する背景には、モバイル端末の進化と性能の向上だけではなくて、インターネットを中心としている、無線通信網の想像を超える、飛躍的な技術の向上も関わっています。
これまでの、携帯電話は、電話機能と電子メールが、主だった機能であって、「iモード」などの、インターネットサービスも、とても機能が限られたものでありました。
がしかし、最近では、スマートフォンはもちろんのこと、携帯電話ですら、フルブラウザを使ってのインターネット使用出来るものは珍しくありません。
ほかに、「iPad」を、はじめとする、タブレットパソコンも登場して、無線通信における、通信速度も、飛躍的に向上しました。
更に、町中では、公衆無線LANを、使える「アクセスポイント」の数が、急激に増加しています。
このように、モバイルを取り巻く環境の変化に伴って、モバイル関連のビジネスは、いっきに発展を遂げられたのであります。

モバイルについて調べてみた、その1。

単語的には、可動性のとか、自由に動くといった意味だが、インターネットの用語として扱うとすると、移動先でのコンピュータ利用のことを指します。
モバイル端末というと、移動の際の持ち運び専用で、かつ通信が可能なパソコンや、小型携帯端末などをさします。

そのようなコンピュータの、利用方法を、モバイルコンピューティングといいます。
モバイル専用のOS、<WindowsCE>や、<PalmOS>らと同時にモバイル専用のCPUも開発が進んで、デスクトップパソコンと、同等の機能が、外出先で利用できるようになってきています。

モバイルとは、そもそも、自由に動くという意味を、表す英単語で、特に携帯電話や、スマートフォン、さらに小型のノートパソコンなど、外出先への持ち歩きが容易、かつ通信環境が整っている端末のことを指します。携帯電話やスマートフォンはもともと、通信環境を備えていて、ノートPCに関しては、データ通信機器等を接続したり、公衆無線LAN環境、Wi-Fiに接続したりすることで、通信環境を、手に入れられます。

全てのノートPCが、モバイルではなくて、持ち運ぶことを前提で、作られたものが、モバイルノートPCであるといえます。モバイルノートPCの条件としては、軽いこと、バッテリーの持ちが長いこと、衝撃に対し、頑丈であることなどがあげられます。

モバイルによって、外出先でも電子メールやインターネットを利用できて、航空券や鉄道等のチケットを、予約できたり、交通情報、そして気象情報、更にグルメ情報、アルバイト情報までも、外出先でも、必要な情報に対してアクセスすることが可能になります。

 

Wi-Fiって何?

最近よく耳にする「Wi-Fi(ワイファイ)」という言葉。この数年であっという間に浸透したイメージがあります。
しかし、改めて「Wi-Fiって何?」と尋ねられると「……」答えられなくないですか?
かく言う私も様々な場面で使用しているにも拘わらず、答えられません。知らないなら調べてしまえば良い!ということでWi-Fiについて調べてみました。

そもそもWi-Fiとは「パソコン、タブレットなどのネットワーク接続に対応した機器を、無線でLAN(Local Area Network)に接続する技術のこと」とあります。
言われてみれば納得というか……普段使っている状態のことですね。そんなことも知らないの?とツッコミを入れられそうですが、言語化できなかったということで見逃してください!(笑)

折角なのでもう少しだけWi-Fiについて言語化(笑)してみます。

Wi-Fiを利用するには、Wi-Fiルーターが必要です。Wi-Fiルーターとは、Wi-Fi機器と電波の送受信を行いLANとの仲介を行うための機器で、無線LAN親機とも呼ばれています。

調べていて思ったのが、このWi-Fiルーターがモバイルルーターだとどこででも使えて便利!ということ。当たり前のことですけど(笑)

5Gとは?つづき

なんだかすごいらしくて、関わらない人はいないくらいのことはわかってきました。

もう少し具体的な話も載せておきましょう。

 

導入時期については、大手3キャリアとも、この春とのこと、ここは変わらないでしょう。

個人的には、これに乗じて月額利用料金が跳ね上がるなんてことになったらたまったものではありません!多くの皆さんに同感していただけるでしょう。

 

機能面を少し掘り下げると。

4G、すなわち第4世代移動通信規格と5Gの違いは大きく分けて3つになります。

 

◇ 通信速度が格段に上がる

4Gの通信速度は100Mbps~1Gbpsですが、5Gでは最大100Gbpsとなり「100倍以上」早くなると予測されています。例えば、4Gなら10秒かかるデータ通信も5Gであれば0.1秒未満、一瞬で終わる計算であり、コンテンツの表示やダウンロード時における「待つ時間」が限りなく少なくなります。

◇ 同時接続数も増える

IoTの普及に伴って、スマホやパソコンだけでなく、ワイヤレスの通信を利用する機器が増大しています。4Gや3Gでは対応できないような同時接続でも、5Gでは接続可能になります。

◇ 遅延が少なくなる

4Gでは10msの遅延がありますが、5Gでは1msに改善されます。遅延が少なくなることでリアルタイムにデータを送受信できるようになり、音や画像がズレることが少なくなります。ロボットの遠隔操作なども遅延が少なくなればなるほど有用性が高まります。

 

うーん、すごい!早く体感してみたものです。

 

5Gとは?

ついに2020年突入です。

昨年、扱わないできたこのワード<5G>、「ふぁいぶじー」

世の中においていかれないように、わかる範囲をまとめてみましょう。

 

まずは読み方から、5Gとは「5th Generation」の略称であり、「第5世代移動通信システム」を意味します。

WiFi機器に見られる5Gの表記は、WiFiの5GHz帯を指しているので、混同しないように注意です。

 

3Gから4G、そして4Gから5Gという形で通信速度や規格、対応するデバイスが進化していて、5Gでは今までの世代更新よりもさらにレベルアップすることが期待されています。

IT技術の進歩によって通信速度を向上が見込めること、また昨今ではインターネット上のデータ情報量のトラフィックも増加していることが理由やきっかけと言えるでしょう。

ここで取り上げてきた、IoTの導入や拡大には欠かせない技術です。

機器やデバイスの普及や進化だけでなく、その他の技術の進歩により、リアルタイムでたくさんの情報をやり取りできる通信規格が求められていることも理由のひとつと言えます。

例えば、一か所に集中して技術や機器が導入されると、より精密な、より正確な通信技術が必要とされます。スタジアムやドームなどの閉ざされた空間で大勢で情報を通信するときなど、まさにオリンピックイヤーには不可欠な技術ですね。

わかりやすくは、イベントの他、医療や物流、関わりのない人が存在しない範囲での新技術のお話ですね。