NASについて調べてみた、その3。

NAS のメリット
LAN につながっている、デバイス間で、ファイルを共有できる。
LAN で、接続されている、複数のデバイス同士でアクセスできるので、LAN内でのファイルの共有が、可能となります。
共有をしている、ファイルに対する、アクセス権限を、細かく細かく設定が可能であるために、法人・企業等で、利用する際には部署ごとや、社員毎に、ファイルへ対するアクセスを「閲覧のみ」や「編集も許可」などにするなど、用途に合わせ細かく、指定することが可能です。


大切なファイルを、安全にバックアップする。
「NAS」は、RAID (複数のHDDを、1つのドライブのように認識する機能)に、よってデータ等を、保存することに、特化しているデバイスなので大切な、ファイルのバックアップするのにとても最適です。
スマホのデータ置き場にする。
フォトデータや動画など、スマホを利用すればするほどに、デバイスの中のデータ量は、増えていくばかりです。
スマホの記憶容量は、一定の限度がありますので、Wi-Fiで接続した「NAS」へ、データを保存するとすれば、スマホの中の記憶容量を、効率良く利用することができます。
ファイルサーバーよりも低消費電力である。
パソコンでも、ハードディスクの中の共有設定を、すると「NAS」のように使うことができます。
でも、「NAS」は、はじめからファイルサーバーとして、利用することを目的として、設計されていますので、ほとんどの機種は、パソコンよりも低消費電力です。
データ保存のスペースを有効活用する。
個々の、パソコンに付いているハードディスクの、空いているスペースは、使うそれぞれの人が、いろいろな使い方をしているかによって、それぞれです。
多量のデータを、保存している人の、ハードディスクスペースが不足する一方で、あまりデータを、保存していない人の、ハードディスクスペースが余ってしまうというのは、効率が良くありません。
しかし、「NAS」であれば、それぞれの人が、必要に応じ、スペースを有効利用できるので、便利な活用ができます。
フリーアドレスオフィスを実現する。
それぞれの社員が、ノートパソコンを好きな席に置いて、「NAS」にアクセスをし、業務上必要であるファイルを編集すると、固定した、特定の席を設けない、今どきのフリーアドレスオフィスが実現します。
情報漏洩に対する強固なセキュリティが可能。
「NAS」の中でも、業務用のモデルを中心として、そこへ保存するファイルは大切なものであり、漏洩しては絶対にいけないものであるという前提で、設計がされています。
超高度な、アクセス権限の設定機能で、「NAS」へのアクセスを、交通の整理をして、不正なアクセスや、情報漏洩のリスクを軽減することできます。
更に、製品によっては、ハードディスク内を暗号化して、保存するものがあって、「NAS」そのものが、物理的に持ち去られることがあったとしても、内部のデータは、漏洩することがありません。

NASについて調べてみた、その2。

メリットとデメリットを少し。
「NAS」のメリット
「NAS」は、ファイルの保存や共有するのに、特化しているので、処理が軽く済みますし、また勝手にファイルを編集される事が少ないので安心です。
無駄な機能などは、付けないで、なるべく処理を軽くしたいなぁ、というときにはメリットがありますね。
「NAS」のデメリット
「NAS」のデメリットは、ファイルサーバー等と比べると、機能面に、制限があることですね。
「NAS」の中には、OSを入れたり、ソフトを入れたりするものも、ありますが、ファイルサーバーのようには、豊富な機能拡張が少なくて、難しい場合がありますね。

NASをまだまだ、掘ります。
外付けハードディスクは、PCと、1対1で、接続をして利用しますけれど、「NAS」は、LANのネットワークに接続して、そのネットワークに、参加している各デバイスからの、アクセスが可能であるのが大きな特徴になります。
家庭内での利用や、オフィスの中にある、複数台のPCやスマートホンなどと、LANを経由して「NAS」に、接続をして、ファイル等のバックアップをしたり、共有をするために、多く利用されます。
「NAS」は、ネットワークへ、接続をして利用する、外付けハードディスクのようなものです。
そのため、ファイルを保存したり、共有したりするのが主な、機能となります。
法人や企業などでは、一般的に、ファイルサーバーとして利用されることが多い「NAS」ですが、一般家庭用の、「NAS」には、多機能なものが多くあり、多くの製品が、以下にあげるような、機能を持ちあわせています。
●デジタルカメラの写真の保存や管理
●ハードディスクレコーダー
●音楽サーバー
その他にも、ファイルサーバーとしても、家庭の中へ設置をして、「Wi-Fi」接続にて「NAS」の中に保存されている動画等を、スマートホンや、タブレットで、再生するといった、利用するシーンが考えられます。

NASについて調べてみた、その1。

「NAS」はネットワーク・アタッチド・ストレージ(Network Attached Storage)の略です。
その他には、ネットワークHDD、ネットワークハードディスクなどとも、呼ばれています。
パソコンを使用しているときに、外付けハードディスクを、取り付けている方は多く、一般的とは思いますが、「NAS」は、ハードディスクが、ネットワークに接続されているようなイメージです。
ハードディスクを、LANケーブルなどで、パソコンに接続するのではなくて、ネットワーク経由にて、複数台のPCから、接続できるという意味では、「NAS」は、広い意味での、ファイルサーバーの一つと言えます。
「NAS」は、ファイル等を、ハードディスクへ保存して、そこへ、ネットワークから、アクセスをして共有するという機能に、特化しています。
ファイルサーバーには、サーバー用のOSや、Office等を、はじめとするドキュメント編集ソフトなどを、インストールできます。
コンピュータとは異って、ファイルを直接に編集できるものが多い事が特徴です。
一方、「NAS」には、最低限OSや、ソフトまたはアプリが、インストールされています。
しかし、ドキュメントの編集ソフトなどは、含まれません。
よって、サーバーのハードウェアや、ソフトウェアが、ひとつにまとまっていて、機能を抑えて、ファイルを置くことに、特化しているファイルサーバーが「NAS」と言えます。
「NAS」は、上述の通りにファイル保存や共有に、特化したファイルサーバーと言えるため、「NAS」上で、そのまま、ファイル編集をできないものが多いです。
一度、ローカル環境へ、ファイルを落として、編集をしてから、再度アップをするイメージですね。

POSシステム

POSシステムとは、「Point of Sale」の略で、物品の販売や在庫管理などを行うためのシステムです。

たとえば販売の時には、商品につけられたバーコードを、バーコードリーダーで読み取ります。

すると、瞬時にその商品の価格情報を得ることができ、商品を速やかに販売することができます。

また、POSシステムを経由して物品を販売することで、商品が売れた数をカウントし、店舗内の在庫データなどを管理するようになっており、最新システムでは、在庫が無くなると自動発注するようなシステムまで登場しています。

このシステムの採用により、店舗では多くの労力や人件費を削減することに成功しているのです。

レジにて顧客データなどを打ち込むことで、商品を購入した人の年齢層や性別を調べるなどのマーケティングに活用することも可能です。

POSシステムは、専用回線を通じてクラウドサーバと通信することでそのシステムを実現しています。

たとえば、商品を販売する時には、取り付けられたバーコードを読み取り、その情報を速やかにクラウドへと送信します。

クラウドでは、バーコード番号と一致する商品の価格情報をレジなどの端末に送り返すことで、レジではすぐに価格がわかるという仕組みです。

また、クラウドにはあらかじめ、商品の在庫数を登録してあります。

商品を販売する度に、レジからクラウドへ「販売した」という情報を送信するので、それをカウントすることでどれだけ売れたかが管理できます。

商品が売れた数と在庫の数を照合すれば、補充すべきかどうかの判断材料となります。

 

この便利なPOSシステムを複数の拠点へ設置して、インターネットVPNを構築して本部で一括管理する方法にはここで何度も触れてきているおなじみの固定IPとかVPNなどがとても低料金で実現できる方法ということがわかってきましたね。

UTMとは?

UTMとは?

聞いたことありますか?セキュリティールーターなら聞き覚えがあるかもしれませんね。

でも、インターネットに繋がることで危険にもさらされることになるかもしれない、リスクについては気にしていない方はいらっしゃらないでしょう。

そこで、想定される危険から身を守ること、まとめて<統合脅威管理>と呼び。

Unified Threat Managementを略してUTMです。

組織のネットワークを脅かす様々なリスクに対し、個別に機器を導入し管理をするのではなく、集約により効率的な運用を目指しています。

従来からある組織外部からのウィルスや、常に進化している各種の攻撃から防御するだけではありません。

組織内部向けに、情報漏えいや有害サイトへのアクセス対策などを含む場合もあります。

機器により異なりますが、だいたい以下の機能がUTMには含まれています。

●ファイアウォール

●アンチウィルス

●アンチスパム(迷惑メールを排除)

●IPS(不正侵入防御システム)、IDS(不正侵入検知システム)

●Webフィルタリング(URLフィルタリング)

●アプリケーション制御(業務などに関係ないものの使用を制限)

●URLフィルタリング(業務などに関係しないサイトへのアクセス制限)

●クラウド型サンドボックス(安全を確認するための仮想領域)

 

脅威は業界によって異なる場合が考えられます。

上記はほんの一例です。これで充分と感じる方もいらっしゃるでしょう。

一度、導入を検討するのも良いかもしれませんね。

パケットって何?

普段、耳にする機会も多々ありますし、なんとなくわかるようなわからないような。そんな日常の疑問を調べるシリーズです。勝手にシリーズ化してみました(笑)

今回取り上げるのは「パケット」です。
パケット、という言葉を聞いたことがない、という人は多分いないと思います。調べてみますと……

 

元々、パケット(英語: packet)とは「小包」を意味する英語だそうです。今回の調べものはもちろんこちらではありません。
(カタカナ語として使われる)パケットとはデータを一定の容量ごとに区切った小さなまとまりのこと、とありました。これですね。
更に、大きなデータを小さく一定のサイズに分割して送ることを「パケット通信」と言うそうです。聞き覚えが物凄くあります。

パケット通信では、音声通話のように回線を占有するのではなく、複数のユーザーで同じ回線をシェアすることが可能で、回線を効率的に使えるそうです。知らないうちに大変お世話になっていたようです(笑)

パケット通信では通信にかかった時間ではなくパケットの量に対して課金されます。自分の使い方にあった適切なプランを選ぶことが大事だと改めて思いました。

※今回改めてパケ死を検索してみましたが、以前は高額請求のことでしたが今は速度制限で遅くなることを言うそうで……無意識のうちに私の中で意味が変わっていたんだな、と思いました。普通に速度制限のことしか浮かばなかったので。

マルウェアとウィルス

マルウェアという言葉を聞いたことはある、という人は多いのではないでしょうか?何を隠そう私もそんな中の一人です。
よく知らない私の考えるマルウェアは、パソコンなどに悪さをする何か、みたいな漠然とした印象でウィルスと同じ???
気になるなら目の前にある物(パソコン)を使って調べてみれば良い訳で……。

マルウェア(malware)という言葉は、「悪意のある」という意味の英語「malicious(マリシャス)」と「software」を組み合わせて創られた混合語だそうです。私、密かにウィルス、みたいな1つの単語だと思っていました(小声)

また、マルウェアとは、ウイルスやワームといった悪意のあるコードやソフトウェアの総称、ということで、マルウェア=ウィルスも完全な間違いではない…などと自分を慰めてみたり。こんなことを言うとその道のプロの方に叱られそうですね(笑)

マルウェアの一番の対策方法は最新のセキュリティソフトを入れることだそうです。また、普段使用しているアプリケーションやソフトウェアを最新の状態に保つことも大切です。

自分の身は自分で守る、ではないですけれど様々な被害から身を守るためにしっかりとした対策をしましょう!