身近になった、セキュリティカメラ

以前、「遠隔地の映像を観る」というタイトルでとりあげたテーマですが、その中でも、セキュリティカメラというワードがグッと身近になってきましたね。

 

国内では、防犯、ペットの安全確認、農地の管理、害獣駆除、ソーラーシステムなどなかなか人が行けない遠隔地の監視などなど。

海外に目を移すと、テロ、自然災害と、とても広範囲に利用されています。

 

そこで、やはり気になる方が多くなるとご質問をいただく事も多くなってきました。

少し整理をしておきますね、自宅やガレージ、倉庫にセキュリティカメラを用意するときに必要なもの。

まずは、カメラ。

「ネットワークカメラ」と呼ばれるそのままインターネットに繋げられるカメラが手っ取り早いですね。

国産メーカーにこだわるならば上位メーカーは、パナソニック、キャノン、ソニー、日立製作所など、家電メーカー名が並びます。

他に、インターネット。

インターネット経由ならば、ネットのあるところどこでも画像の確認が出来るようになります。

光回線が一般的ですね。

そして、ネットにつなぐためのブロードバンドルーター。

最後に、ネットを利用するので、インターネットサービスプロバイダ。

ネットワークカメラの機種にもよりますが、インターネットサービスプロバイダを選択するときに、グローバルIPアドレスを固定して提供してくれるところを選ぶ必要もあります。

インターネットサービスプロバイダは契約数をみると、NTTコミュニケーションズが運用するOCNが有名ですね。

安定したインターネットの使い勝手を期待するならば、やはりOCNの固定IPサービスを検討するのがよいのでは。

OCNの固定IP申し込みについて詳しくはこちら

この環境が整うと、出先でも、自宅でも、例えば手元のスマホ、机の上のパソコン、どこでもインターネットにつながっていれば、セキュリティカメラの映像を確認することが出来ます。

随分、簡単で身近かになりましたね。

5Gとは?つづき

なんだかすごいらしくて、関わらない人はいないくらいのことはわかってきました。

もう少し具体的な話も載せておきましょう。

 

導入時期については、大手3キャリアとも、この春とのこと、ここは変わらないでしょう。

個人的には、これに乗じて月額利用料金が跳ね上がるなんてことになったらたまったものではありません!多くの皆さんに同感していただけるでしょう。

 

機能面を少し掘り下げると。

4G、すなわち第4世代移動通信規格と5Gの違いは大きく分けて3つになります。

 

◇ 通信速度が格段に上がる

4Gの通信速度は100Mbps~1Gbpsですが、5Gでは最大100Gbpsとなり「100倍以上」早くなると予測されています。例えば、4Gなら10秒かかるデータ通信も5Gであれば0.1秒未満、一瞬で終わる計算であり、コンテンツの表示やダウンロード時における「待つ時間」が限りなく少なくなります。

◇ 同時接続数も増える

IoTの普及に伴って、スマホやパソコンだけでなく、ワイヤレスの通信を利用する機器が増大しています。4Gや3Gでは対応できないような同時接続でも、5Gでは接続可能になります。

◇ 遅延が少なくなる

4Gでは10msの遅延がありますが、5Gでは1msに改善されます。遅延が少なくなることでリアルタイムにデータを送受信できるようになり、音や画像がズレることが少なくなります。ロボットの遠隔操作なども遅延が少なくなればなるほど有用性が高まります。

 

うーん、すごい!早く体感してみたものです。

 

5Gとは?

ついに2020年突入です。

昨年、扱わないできたこのワード<5G>、「ふぁいぶじー」

世の中においていかれないように、わかる範囲をまとめてみましょう。

 

まずは読み方から、5Gとは「5th Generation」の略称であり、「第5世代移動通信システム」を意味します。

WiFi機器に見られる5Gの表記は、WiFiの5GHz帯を指しているので、混同しないように注意です。

 

3Gから4G、そして4Gから5Gという形で通信速度や規格、対応するデバイスが進化していて、5Gでは今までの世代更新よりもさらにレベルアップすることが期待されています。

IT技術の進歩によって通信速度を向上が見込めること、また昨今ではインターネット上のデータ情報量のトラフィックも増加していることが理由やきっかけと言えるでしょう。

ここで取り上げてきた、IoTの導入や拡大には欠かせない技術です。

機器やデバイスの普及や進化だけでなく、その他の技術の進歩により、リアルタイムでたくさんの情報をやり取りできる通信規格が求められていることも理由のひとつと言えます。

例えば、一か所に集中して技術や機器が導入されると、より精密な、より正確な通信技術が必要とされます。スタジアムやドームなどの閉ざされた空間で大勢で情報を通信するときなど、まさにオリンピックイヤーには不可欠な技術ですね。

わかりやすくは、イベントの他、医療や物流、関わりのない人が存在しない範囲での新技術のお話ですね。

 

テレワーク、つづき

一般的な、テレワークって、出社しないで、自宅で会社支給のノートパソコンなんかで、パチパチお仕事したり。

自宅のデスクトップの画面を観ながら、電話でお客様対応したり。

お客様宅にて、タブレットを使って商材の説明をしてみたり、現場で提案書や見積書をプリントしたり。

こんな感じでしょうか。

 

ICTなくしては叶わない環境ですね。

ICTは難しく聞こえますけど、インターネットを使って仕事を捗らせて、人が楽をするって言葉を替えると、少し聞きやすくなりますね。

でも、インターネットはみんなが使うもの。

そんな、みんなが使うものを使って、テレワークするって、お客様情報や、社内情報を扱っても大丈夫??安全??って思ってしまうのが普通ってものです。

でも、そこは大丈夫、自社のサーバーも、出先のノートパソコンやタブレット、更に自宅のパソコンもインターネットで繋ぐには、グローバルIPアドレスを固定して<固定IP>、さらにデータのやり取りには暗号化の技術も使って、さらに更にそれぞれのデバイスにウィルス対策、ハッキング対策を施せば、リアルより安全かも!!ww

逆に、出先で持ち歩いたパソコンやタブレットの紛失の方が危険!!

紛失した、パソコン、タブレットには大切な情報が!!大変だ!!

いやいや、大丈夫です、インターネットを利用して持ち歩いているパソコンやタブレットで、会社へリモートアクセスをして、データを扱っているので、パソコンやタブレットの本体には情報は無し、カラッポです。

作業後にデータを消去するアプリを使えば大丈夫!!

万が一、外出先でパソコンを紛失しても心配なしです。

 

テレワーク、なんだか良いことばかりのようです。

 

最近、よく聞くテレワーク

テレワーク、最近よく耳にするようになりました。

ここは、気になったところで、すぐにメモメモ!

 

テレワークとは、情報通信機器等を活用して、時間や場所の制約を受けずに、柔軟に働くことができる形態のことを指します。

「tele=離れた場所」、「work=働く」という意味の単語を合わせた造語であり、遠隔勤務、転じて在宅勤務などの意味もあります。

テレワークを行なう人を、テレワーカーと呼び、国土交通省の定義では「1週間に8時間以上、職場以外で
ICTを使って仕事をする人」となっています。

テレワークのメリットは、従業員にとっては通勤によって生じる負担を解消することができること。
企業にとっては、オフィス維持にかかるコストの削減が可能。
勤務が難しかった優秀な人材を獲得できるとも言われています。

 

通信とか、ICTとか身近なワードたくさん出てきます。

これは、他人事ではない!!ww

それに、働き方改革!なんて、国を挙げての話ですから、見過ごし厳禁なわけです。

そこで、いざ導入!しなくてはならなくなった時に、なにが必要なのか、どこへ申し込むのか、といった疑問がでてきます。

ヒントは、アクセス回線とか、固定IPとか、デバイスとか、出てくる出てくる、とても身近な言葉たち。

是非、気になった方達は、このブログの中を散歩してみてください!!!

ワードの解説が載ってます!

 

 

IoTってなんだろう?

インターネットは元来、コンピュータ同士を接続するためのものでしたが現在ではモバイル端末やテレビ、カメラなど通信機器や利用法が多様化してきています。

 

デジタル化された音声、映像、写真など様々なデータをインターネットを介して送受信する場面がこれからも増えていくことでしょう。

 

そしてこのような、これまでインターネットに繋がっていなかったモノをインターネットへ繋ぐことをIoTと呼ばれているのです。

 

IoTは「Internet of Things」の略で、訳すとモノのインターネットという意味です。

 

では、IoTによってどんなことが可能になっているのでしょう?

 

 

 

 

 

◎モノを操作する。

IoTで離れたモノを操作する遠隔制御ができます。

例えば、エアコンや照明などのモノをリモコンで操作できます。

 

◎モノの状態を知る。

IoTで離れたモノの状態を知る遠隔監視ができたり、センサーを付けてデータを収集できます。

例えば、畑の温度などの管理やペットの動きを知ることが可能になります。

 

◎モノ同士の対話をする。

離れたモノ同士で任意データ送受信ができます。

ある拠点の作動状況や異常を検出し伝えることができます。

アクセスライン

これまでにいくつかの通信手段についてお話してきましたが、今回は『アクセスライン』という言葉に触れたいと思います。

 

アクセスラインとは、インターネットに接続するための回線の事です。

 

つまり、これまでに紹介してきた光回線やケーブルテレビなどもアクセスラインの一つであるということですね。

 

そして、光回線などの有線通信と、モバイルタイプの無線通信があることも言うまでもないことかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

有線通信の場合には、加入者の拠点(自宅や会社)から最寄りの通信局まで、地下や空中(電信柱)を伝って通された光ファイバー回線などがアクセスラインとなります。

 

日本ではNTT東西会社が保有している回線網や、ケーブルテレビ事業者が放送のために設置したもの、電力系通信会社が設置したものなどがあります。

 

無線通信の場合には、加入者の

使用するモバイル端末から、街中に設置された基地局までの電波による無線通信区間のことをアクセス回線といいます。

 

光回線を利用しようとすると、ケーブルを引く工事が必要ではあるものの一般的に最も通信速度の早いという利点もあります。

 

無線の場合は何といっても手軽に導入しやすく、移動可能という点では分がありますね。

LANケーブルの選び方

無線通信もかなり浸透してきていますが、安定した高速通信を行うためにはまだまだ有線LANが必須ですね。

 

そこで必要なものの一つに『LANケーブル』があります。

ただルーターなどの機器にPCやその他のデバイスを繋ぐだけのコードのようにも思われがちですが、実はこのLANケーブルの選び方によっても通信に影響があるようなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

1Gbpsという高速な光回線サービスが主流になっていますが、ネット環境に応じてLANケーブルを適切に選ばないと、回線速度を低下させてしまうことがあるそうです。

 

 

何やらLANケーブルには「カテゴリー」と呼ばれる種別があり、適合する規格や対応する速度がカテゴリーによって違います。

 

CAT5、CAT5e、CAT6、CAT6A、CAT6E、CAT7、CAT7A、CAT8と呼ばれる規格があるのですが

 

近年主流となっている1Gbps以上の速度のある光回線を利用する場合であれば、カテゴリー5e以上のLANケーブルを使用するといいようです。

 

光回線の速度が1Gbpsであっても、カテゴリー5のLANケーブルを使用してしまうと、通信速度の最大値は100Mbps以下に低下してしまうということもあるのです。

 

利用する光回線の速度などを十分踏まえ、適切なLANケーブル選ぶことでも快適な通信環境を作っていけますね。

ニックとは?

ネットワークの世界でよく聞くNICと言えば正式名称は「Network Interface Card」といい、その頭文字を取って「NIC(ニック)」と呼ばれています。

線をつないでインターネットをするときに必要なパソコンの部品でLANケーブル(インターネットをするときにパソコンにつなぐ線)を挿すポートのある、パソコンに接続するための部品のことです。

皆さんがお持ちのパソコンにもLANケーブルを挿すためのポートが付いていることと思います。

その部品がNICと呼ばれる「ネットワークカード」です。

また、グローバルIPアドレスにまつわるものでもNICというものがあります。

この場合のNICはグローバルIPアドレスの割り当てや管理を行う機関のことを指します。

日本にあるのはJPNIC。

これは、Japan Network Information Center(社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター)の略称で日本国内でのグローバルIPアドレスの割り当てを行っています。

他にはインターネットに関する調査・研究や教育活動も行い、日本のインターネットの円滑な運営を支えている組織です。

DHCPサーバーとは

グローバルIPアドレスについて調べているとDHCPサーバーという言葉を目にする。

私の投稿でもケーブルテレビでのインターネット利用について書いた際に言葉としては出てきましたが、DHCPサーバーとはどんなものなのか調べてみました。

DHCPとは『Dynamic Host Configuration Protocol』の略で、日本語にすると『動的にホストの設定をする規約』という意味なのだそうです。

要は『コンピュータにIPアドレスを自動割り当てする仕組み』ということですね。

ここまでお付き合い頂いている方は言うまでもなくお分かりの事と思いますが、インターネット通信を行うにはインターネット上の住所となるIPアドレスが必要です。

どのIPアドレスを使うか、コンピュータに設定しなくてはいけません。

この作業を大昔は、人間が手動設定を行っていたそうです。

数台のコンピュータであれば何ともない事かもしれませんが、数が増えていくとそうはいきません。

現在のこのネット社会においてIPアドレスの割り当てを手動で…何てことは考えるまでもないですよね(笑)

そこで、IPアドレスの管理をコンピュータに任せて自動割り当てを行おう!

ということになりできた仕組みがDHCPというわけです。